ETC、ETC車載機、ETCカード

ETCカード徹底比較NAVI > ETCの利用 > ETCの通行レーンの見分け方

ETCの利用

ETCの通行レーンの見分け方

有料道路の料金所のレーンには、ETC対応と非対応の両方があります。

ETCシステムを利用してスムーズに料金所を通過するには、 ETC対応レーンに入らなければなりませんが、はっきり見分け られるように幾つかの案内がありますので、その誘導表示に従い ましょう。

料金所エリアに入る手前に、ETCレーンの位置を示す案内板が 設置されています。

「ETC車」 と書かれている矢印のレーンに進みましょう。

料金所の手前には、レーンの頭上に「ETC専用」「ETC/一般」 あるいは「一般」の表示があります。

ETC専用の紫色の看板のあるほうに進みましょう。

一般のほうは緑色の看板になっています。 「ETC/一般」の場合は、「ETC」の部分が紫、 「一般」の部分が緑色になっています。

時間帯によって片方しか通過できないこともありますので、 信号表示に注意しましょう。

もし間違って一般レーンに入ってしまっても、 ETCカードを料金所の係員に渡せばカードによる支払いが可能です。

慌てて無理に車線変更やUターンしようとしてはいけません。

ETCレーンは路面が水色に塗られ、白い線が入って目立つように なっていますので、それも目印になります。

安全のため、時速20キロ以下に減速して進入しましょう。