ETC、ETC車載機、ETCカード

ETCカード徹底比較NAVI > ETCの利用 > ETCの通行レーンの種類

ETCの利用

ETCの通行レーンの種類

ETCを導入すると料金所をノンストップで通過できるメリットが ありますが、通行レーンの種類によって通過時の注意事項があります。

ETC通行レーンには2種類あり、「ETC専用」と 「ETC/一般」 とに分かれます。

それぞれレーンの頭上に「ETC専用」あるいは「ETC/一般」と、 大きく表示されています。

ETC専用レーン

このレーンはETCを導入した車両だけが利用しますので、 基本的にノンストップで通過できます。

ただし、一般車両が間違って進入したり、ゲートが開かなかったりと いうトラブルで先行車が停車することもあり得ますので、 レーン通過時は必ず速度を落として、前の車両との車間距離を十分に 保ちましょう。

ETC/一般レーン

こちらはETCを搭載していない車両も利用します。

一般車両は料金を支払うために一旦停止しますので、 先行車両の動きに注意しましょう。

「ETC専用」「ETC/一般」のレーンは時間帯に よって変わる場合もありますので表示に注意しましょう。

ETC未対応のレーンであってもETCカードを利用することは 可能です。

その場合は料金所の係員にETCカードを渡せば料金は後払いで 通過できます。

また有料道路の入り口がETC未対応であった場合、 出口では係員のいるレーンに入ります。

入り口で受け取った通行券とETCカードを係員に渡し、 料金は後払いにできます。

コメントをどうぞ

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: