ETC、ETC車載機、ETCカード

ETCカード徹底比較NAVI > ETCの利用 > ETCの利用方法について

ETCの利用

ETCの利用方法について

ETCという事場は良く耳にすると思いますが、実際にはどのように利用すればよいのか?

詳しくご存知でしょうか?

ETCを利用するには、ETCカードとETC車載器が必要になります。

ETCカードというのは、1枚で複数の車のETC車載器に対応する事ができます。

それは、どのような事なのでしょうか?

つまり、ETC車載器が取り付けられている車なら、レンタカーであっても自分のカード1枚で利用する事ができるという訳なのです。

ただし、ここで注意しなければいけない事があります。

それは、必ず同じカードを入口と出口で使用しなければいけないという事です。

そうしなければ、キチンと処理できません。

次にETCレーンには、2種類あるので注意しましょう。

1つは、ETC専用レーンで、このレーンの場合ETC搭載車しか通過できないので、スムーズに通過する事ができます。

中には、間違ってETC搭載車でない車が侵入して、一旦停止となる事も稀に起こるので、事故を防ぐために十分な車間距離をとっておきましょう。

もう一つが、ETC/一般の共用レーンです。

このレーンの場合、ETCを搭載していない車も勿論通過するので、先行の車が一旦停止すると仮定して運転をしましょう。

便利なETCですが、利用する上で注意する事もあります。

・ETCレーンを通過時は、時速20勸焚爾能行しましょう。

何故なら、ETCレーンの開閉バーというのはETC車載器とアンテナの通信が正常に行われた場合のみ開くようになっていますが、万が一の場合を考えて、すぐに停止できるように時速20勸焚爾箸覆辰討い襪里任后

最近では、速度を落とさずに通過する事で起こる追突事故が問題視されているようです。

・カードを挿し忘れた場合、車載器とアンテナの通信が正常に行われないので、開閉バーが反応しない事もあります。

・入口から出口までの走行中の間はカードは挿し込んだままにしておきましょう。

・有効期限が切れていては、利用できないのでキチンとチェックしておきましょう。 これらの点に注意して利用すれば、ETCというのは便利であると言えるので、高速などをよく利用する人にはオススメしたいと思います。